The second of Italy

Filed under: イタリア,写真,旅行記,日記 — タグ: , , , , , — @ 2010/10/09 17:56

2010/09/27-10/03
人生二度目のItalyへ。

今回は、仕事で。

僕は、イタリアやスペインのタイルや石材を日本国内に販売する会社の営業マン。
主に、住宅会社様をメインに訪問し、新築の住宅やリフォームなどさらにはエクステリア会社様や設計事務所なども行う。
毎週のように、京都や滋賀、奈良に行ってるのはそこが自分の担当エリアだからです。

今回、仕事でイタリアを訪れた訳は、ボローニャで世界で一番大きなタイルのイベント「CERSAIE」に新商品の発掘に営業目線として輸入企画の担当者と上司と三人で視察に行くためです。

タイルのイベントってなんだよ?って思う人もいるでしょ?
今年で29回目になり、世界中から8万人を超える人がわずか1週間の間に来場する。
さらに、出店しているメーカーの数は1000社を超え、そのうちタイルメーカーが600社近くにもなる。
そもそも、イタリアのタイル年間生産量は、5.7億平米。東京ドームが建築面積46,755平米としておよそ1万2千個分。
検討も出来ない数字ってどうよ?

これが、会場の風景。

会場は、大きすぎるためトローリーを使って移動します。
会場の広さは、176000平米、これまた東京ドームではおよそ3.7個分。

さっそく会場内に入ってみましょう。すごい人です。

タイルって、玄関の床に貼るだけだと思っているそこのあなた!!
違います。家の中にもたくさん貼れるんです。

一昔前のタイルって、玄関やトイレやお風呂ってイメージでしょ?
でも、数年前からタイルがデザイン的にも機能的にも優れているってことが、インテリア雑誌なんかでも注目され始めて今では、キッチンや洗面所、さらにはリビングやダイニング、和室…と貼れないところがないくらいです。天井以外の床や壁ならタイルは施工可能です。
ちょっといいホテルや、居酒屋なんかでも最近トイレが綺麗に全面タイル貼りだったり、パルコや駅なんかの床を注目して見て下さいね。ちなみに、静岡市葵区の葵タワーにもうちのタイルが貼られてます。

今年のイタリアタイルのトレンド。
落書き調タイル。

イタリアのタイルメーカーの新工場お披露目会にも招待され、パーティーに行ってきました。
150人ほどが招待されてました。

これ、タイルの原材料です。
ガラスやテレビのブラウン管なども技術の発展により、タイルにリサイクルされるのです。

すみません。
フルコースをタダで頂きました。

歌姫がパーティーを盛り上げます。

iPhoneで撮影したMovie
IMG_0280

さらに、料理が終わり招待客を外へ移動させて、見せてくれたのがこれ。綺麗です。
IMG_0282

ここまで書いて実は、まだ初日なんです。
イタリア滞在中の睡眠時間の少ないこと。
毎日、ホテルとイベント会場の往復で大変でした。

でも、“いいモノには多くの人が集まる”って実感出来、大変勉強になりました。

Older Posts »

Copyright © 2012 Ryota Sakaki All Rights Reserved. Produced by アジサイ