最近読んだ本

Filed under: 日記,映画, — タグ: , , , — @ 2011/09/11 22:25

ここ数週間、ネットの調子が悪くて、今日復活です。

ここ最近読んだ本を紹介します。
評価とか偉そうに書けないからあくまでも内容紹介と少しの感想で。

■ゴールデンスランバー

著者  伊坂幸太郎
発行所 株式会社新潮社
【内容/背表紙から】
衆人環視の中、首相が爆殺された。そして犯人は俺だと報道されている。なぜだ?何が起こっているんだ?俺はやってないー。首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅彦。暴力も辞さぬ追手集団からの、孤独な必死の逃走。行く手に見え隠れする謎の人物達。運命の鍵を握るふるい記憶の断片とビートルズのメロディ。スリル炸裂超弩級エンタテイメント巨編。
【個人的な感想】
これ、ぶっちゃけ読み終えた後に夢の中で同じ状況になった。ホントに。すごく怖かった。
それほど衝撃的。

■僕たちは世界を変えることが出来ない。

著者  葉田甲太
発行所 株式会社小学館
【内容/背表紙から】
医大生の甲太は受験勉強して大学に入ったものの平凡な日常に疑問を抱いていた。
そんなある日「百五十万円寄付してもらえればカンボジアに小学校が建つ」というパンフレットを偶然見かける。これだ!と感じた甲太は、勢いで仲間を募り、クラブイベントを企画して、寄付金の捻出をはかろうと奔走する。
同時に、カンボジアにも出向き、地雷除去。ゴミ山で暮らす家族、売春宿で働く少女やエイズ問題などの過酷な現実に触れ、自分のダメさ加減と正対することになり…。
決してきれい事だけではない、一歩踏み出す勇気を与えてくれるノンフィクション。
【個人的な感想】
タイトルから気になって読んでみた。出来ないって否定的なタイトルが目に止まったもんで。ほとんど衝動買いです。
でも、この子達の行動力に驚き、自分が小さく感じ思えた本でした。

どちらも、映画になってるもしくはなるそうです。
Youtubeより↓
ゴールデンスランバー(予告)
僕たちは世界を変えることができない。(予告)

« Newer PostsOlder Posts »

Copyright © 2012 Ryota Sakaki All Rights Reserved. Produced by アジサイ